FX(外国為替証拠金取引)については取引所取引という場所がございます。いつもの外為(FX)企業と商業取引を実行することを「店頭取引」と呼びますが、この取引においては取引所を通過させず商いのパートナーはFX業者になります。「取引所取引」という場所は外為取引会社はあくまで仲介役であってストレートのビジネスペアは取引所という訳になります。この相違をこの場で若干比較してみましょう。開口一番「店頭取引」の時は一時預かりしている証拠金は外国為替証拠金取引(FX)業者に統括されているのです。一方「取引所取引」の際、こちらの証拠金は全金額取引所に供託しないとならないと義務になっています。そうすることによって外為企業が破綻するというようなことが万が一あったとしても後者は、取引所によって証拠金が全額保護されているということになるのです。店頭取引のFX会社が束ねしているから、景況によっては会社破綻の跳ね返りををこうむり預け入れていた証拠金はガードされないのかもしれません。その上税金面からみても両者双方基準に違いが存在します。「店頭取引」では、変動利益やスワップ金利などを雑所得として賃金と総額で申告しなければなりません。しかしながら確定申告せず良い場合もあるみたいですので、自身に一致するのかしないのかしっかりと確かめるようにをお願いします。アナタが労働者でサラリー二千万円以下、給与所得の範囲を超えた収入が二十万円以下(2.3の事業者から賃金所得はなし)といった基準を満たしている状態でいるということであれば特例という訳で確定申告は不要です。FXの収益が二十万円以上時は確定申告をしてください。税率は実入りに応じて5〜40パーセントの6個の段階に区分されており収入が高ければ高いほど税も値上がりします。「取引所取引」に関しては、もうけがあるのならばその他の実入りとは別件として「申告分離課税」の的になってしまうのです。税の割合は一律20%となりますが、もしも赤字が確かになったしからば「取引所取引」の利益として損失分を翌年以降に繰越ができます。上記から読んでも、「取引所取引」の方がより安価な税率になる事もあるので比べて検討していった方が良いでしょう。ビギナーのケースは、ジャスダック株価の浮き沈みや円の動きに日ごと行き届き、利益や欠損分にひやひやする事によって、税金の事態を忘れてしまいがちなってしまうこともあります。マイナス分は困るけれども、手取りが高騰すれば税金においても高騰するので注意と実感をもつ事が重大ですね。