車での事故に巻き込まれた場合己が交通事故の被害者だとしても事故を起こした相手が非を全く容認しないことは数多く聞くことがあります。ひとつの例として、わざと起したのではなく少し他のことに気がいったことで車を激突された場合などにこういった水掛け論に結果なってしまう危険性がありがちです。例えそうであっても、その場で車のみの「物損」され数ヵ月後に自覚症状が現われてから、病院の参考になる診断書警察署に出すということは対処が遅れる感は仕方がなくなります。そうであるならば、車での事故の過失割合の結論にはどういう風な物差しが決められているのでしょうか。しっかりと説明しますと、警察署が決定するのは主に自動車での事故の大きな落ち度が認められるのはAかBかという内容であって過失割合というわけではありません。もっと言えば、決められた責任者が明らかにされる事は事態は有り得ません。従って、割合は当事者の協議の結果により決定されたこの結果が損害賠償の算定のベースになります。この場面で、関係者全員が任意保険に未加入の場合にはお互いが直接的に調整することしかできません。しかしながら、当然の事ながらこのやり方では、非理性的なやり取りになる場面が存在します。この上、互いの言い分に相違があれば万が一の場合、係争に進みますが、これは長い年月と費用のかなり大きな損となります。このため普通はお互いの事故当事者についている自動車保険会社、そのように双方の保険会社にやり取りを頼む措置を用い、適切な「過失割合」を客観的に決めさせます。こういった場合、自動車の保険会社はそれ以前の車での事故の訴訟の結論から出された元となるもの、判例タイムズを土台として推定と調整を行って割合を決定します。そうは言っても、交通事故においては遭遇してしまったのか他者を巻き込んでしまったのかに関わらず真っ先に警察に電話するのがルールです。その後保険の会社にやり取りして、この先のやり取りを頼むのが手順となります。この仕組みさえ把握していれば、建設的でない議論となる事を未然に防止できます。